日系企業のグローバル化が進み積極的に海外進出・法人設立をする流れとなっています。

それに伴って会社の公用語を英語とする企業もありますし、海外勤務を希望するビジネスパーソンも増えてきました。

このサイトでは海外勤務をするための転職の進め方についてお伝えしています。

どのように海外で働くのか、求人はどう探すのか、海外勤務の実態など確認し、転職の第一歩にしてみてください。

目的別の海外転職の流れと、求人の探し方

あなたはどれ?海外勤務の働き方3種


(1)
海外勤務といえば一般的には、日本国内の企業に雇用されて海外の支社や法人に渡航して働くケースを言います(駐在員とも)。

日本での給料プラス、手当が用意され、現地での住居、保険なども面倒を見てくれるメリットがあります。

(2)
この他、日本で展開している外資系の会社に就職すれば本国や他国での勤務の可能性もあります。

主にこの2パターンで求人を探していく事になるでしょう。

(3)
これ以外では、現地採用という働き方もあります。現地採用は雇用主が海外に籍を置く企業(日系、外資系含む)となります。

雇用契約は現地スタッフと同等の条件となりますので、手当や福利厚生は期待できません、給料も低い可能性が高いです。

シェアハウスで共同で住んで働いてるという日本人もいます。

ですので、特定の国で働きたいという意思が決まっている人が選択する働き方とも言えます。

メリットもあります。それは日本で駄目だった人でも海外の大手日系企業に採用される可能性があるという点です。

海外勤務を実現する!転職の流れ

(1)と(2)について、つまり国内転職の海外勤務の進め方

まずは海外進出している会社の求人情報を探します。海外に強いグローバル系の転職サイトを活用されると良いでしょう。

日本国内での転職活動ですので転職サイトのエージェントさんと相談して進めていけばさして問題はありません。

エージェントから複数の求人・企業を紹介してもらい→気になる求人にエントリー→面接→合否通知→入社という流れです。

エージェントを活用してマッチングしてもらう事が近道となります。おすすめの転職サイトは後述します。

 

(3)について、つまり現地採用の進め方

現地採用を狙う場合もグローバル系の転職サイトを活用します。日本国内で使えるものと、その国にあるものと2つ。

日系企業への転職が人気ですので日本語の転職サイトも幾つかあり探すことが出来ます。

求人を探してエントリー→面接(基本は外国へ渡航して面接)→合否通知→入社→ビザ取得→渡航、という流れです。おすすめの転職サイトは後述します。

こんな人におすすめ、転職サイト

ここから転職サイトを紹介していきます。目的によって使い分けてください。

海外勤務の夢を実現したいならエージェントと相談して自分にマッチする求人を探してもらい転職活動を進めていきましょう。

■国内転職、海外勤務を目指したいなら

  1. リクルートエージェント

    リクルートエージェントはグローバル向けの求人に強いのでおすすめです。

    海外に展開している大手日系企業や、外資系とのパイプが太く、求人数もNo1で多いですね。

    海外進出や立ち上げの興味深い仕事、1000万を超える高給与の非公開求人にエントリーできる事もメリットです。

  2. パソナキャリア

    kkkimg15

    パソナは派遣の仕事で認知度が高いのですが、正社員向けがパソナキャリアとなります。

    エージェント在籍、英語が活かせる海外の求人もあります。比較的大手の求人が多いですね。

  3. DODAエージェントサービス

    intl201607

    DODAも求人数が多く規模としてはリクルートの次です。

    海外転職の特集ページも組まれるなどグローバル向けに展開しています。やはりエージェントが対応してくれます。

■海外現地採用を目指したいなら

  1. JAC Recruitment

    kkkimg17

    JACは特にアジアの求人に強みがある転職サイトです。

    シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、香港、韓国、イギリスで働きたいならJACです。

  2. インテリジェンスアジア

    kkkimg18

    DODAの運営母体となるインテリジェンスのアジア向け転職サイトがこちらです。

    中国・香港・台湾・ベトナム・韓国で展開しています。

  3. パソナアメリカ

    kkkimg19

    このサイトは北米で展開しています。アメリカ転職、カナダ転職を考えている日本人は活用してください。

転職を有利に!海外勤務の実態の把握

海外で働く人材が多いと言っても、海外勤務経験の実態は10%未満という数字が出ています。

海外出張は多くの人材が経験していますがその国に滞在して仕事をする事はまだ少なめです。

 
次のデータを確認することで、どのような人材が海外勤務の転職に近道なのか見えてきます。

企業規模 従業員1,000人以上のいわゆる大企業、大手からの海外勤務が70%を占める
年齢 30代が最大で50%、40代は40%、20代は4%となる
業種・職種 製造業の技術者が最も多く25%、営業職は20%、IT職も20%弱となる。

 

実際、海外勤務の求人が出ているのは大手企業やそのグループ会社が多めです。

職種に関しては製造業の海外進出が増えてることから技術者が多い事が見てわかります。
事務(経理、人事、企画)なども無いわけではありません

最近では飲食業の海外展開が増えてる背景から、店舗マネージャーの求人も見られるようになりました。

これは盲点?地方企業からの海外勤務の求人

前半で海外勤務が多いのは従業員1000人以上の大手で70%、というデータを紹介しました。

一方で、地方の中小企業へ転職してからの海外勤務を実現した人もいます。

どういう事かと言うと、地方の企業の中にも海外への展開を希望する会社が多いのです。

しかし地方ではなかなかそのような人材が見つかりません。求人は出しているものの、多くの人材は関東や関西の企業に目が行きがち。

もし海外勤務の転職活動を幅広く行いたい場合、地方も視野に入れてみてはいかがでしょう。

海外勤務で夢を実現!

なぜ海外勤務を希望するのか、実は大きなメリットがあります。

また転職を決断するビジネスパーソンにとって大きな目的ともなります。

転職を決めた人はどのようなメリットを感じて海外勤務をするのか参考になります。

graph1
1.海外での仕事に興味がある、面白そう、やり甲斐がある・・・24%
2.自分のキャリア形成において有利になる、将来を見据えて・・・17.8%
3.報酬が目当て、給料プラス高額の手当に魅力を感じてる・・・16%
4.外国の文化、価値観を体験、ビジネス以外の自己成長・・・15.1%
5.英語を試したい、活かしたい、向上させたい・・・11%

給与やキャリアアップ、といった実益的な目的よりも、仕事そのものへのやり甲斐を挙げる人が多いのが興味深いですね。

まとめ

海外勤務の転職を進めるにはまずは3種の働き方から自分はどれなのかスタンスと優先順位を決める事です。

そして人材を募集している会社を探していきます。

しかし求人の数はそう多くありません。気になる企業が見つかればすぐ書類を出してみるぐらいのフットワークが重要です。

まずは転職サイトへの登録、エージェントに相談して求人をリサーチする事から始めましょう。